債務整理を埼玉で依頼したい!どんな弁護士を選べばいい?

債務整理を埼玉で依頼したい!どんな弁護士を選べばいい?

1829view

2018.07.05

債務整理のイロハ

債務整理で行うこととは?

債務整理とは、諸事情により借金の返済が苦しくなってしまうなどの多額の借金から生活を立ち直らせるため、借金の減額や免除などを行う処置のことです。業者との話し合いで借金の減額を行う任意整理、法的な手続きにより裁判で借金の免除を行う自己破産、借金を大幅に減らして生活を立て直す自己再生の3つの方法があります。収入と支払い状況から、どの方法で行うのが最も良いのかを考えながら行います。

任意整理は交渉する業者を選ぶこともでき、周りへの影響も最小限で済むために一番多く選択されています。しかしながら、借金の減額率が低いため少しでも支払いが減れば楽になる人向きでもあります。自己再生や自己破産は、その影響力も強い反面、経済的に破綻している場合には一から出直せるので中途半端な解決をして、苦しみ続けるならばそちらのほうが良い場合もあります。

債務整理はデメリットもある

借金の支払いのために、新たに借金をして返す。最初はたいしたことがない金額も気が付けばあっという間に多額の借金になっている人もいると思います。借金の返済で苦しんでいるならば、債務整理をして返済を楽にする方が良いでしょう。

そのメリットは将来に借金が増えないようになり、将来の不安へも解消されるので多大です。ところが、債務整理にはデメリットもあります。様々な理由があり借金をしなければいけなくなったとはいっても、本来借りたお金は返済すべきものです。それを減額や免除をするので当然ともいえます。

デメリットは新たな借り入れができなくなること、クレジットカードなどが使えなくなることなどがあります。自己破産をすれば、資産もすべて失うことになります。借金が返せなくなれば、差し押さえなどによって結果的に資産を失う可能性もありますので、苦しむ時間が短くなる債務整理を行うほうがメリットは大きいでしょう。

債務整理の流れ

債務整理は、専門家に依頼するか自分で行うかになります。どちらにもメリット・デメリットはありますが、やること自体に変わりはありません。債務整理の流れを整理します。

債務状況の確認

債権者に取引履歴を請求して、今までの返済状況や借り入れた状況を確認します。借金がいくらあり、いつから借りているのか。金利はどれくらいなのかなど、今の現在の状況を知るところから始めます。
弁護士などに依頼するときには、債権者とのやり取りはすべてお任せできます。

利息の引き直し計算

利息制限法を超えている利息での借り入れの場合には、制限法に適用する利息での再計算を行います。過払い金があるかないかはこの時点で分かります。

和解交渉

各債権者に対して、月々の支払金額などの条件について書面を送付して和解交渉をスタートします。無理な支払いにならないように気をつけて和解に臨みます。

和解の締結と支払い開始

和解が成立すれば、和解の締結をして書面にします。それを基にして、支払いの再開です。弁護士に依頼しているのであれば、その後の委任関係を継続するかどうかも重要なポイントになります。

債務整理を行うならどうすればいい?

自分で行う方法

月々の支払いが少しでも減れば楽になる人や、支払い状況で家計が破綻していない状況であれば自分で債務整理を行うことも可能です。貸金業者との交渉は、電話や書面などで行います。弁護士などに依頼する費用を返済に回せると考えると自分で行うことも一つの選択肢でしょう。

取引履歴を入手し、利息の再計算を行うまではそれなりの知識があればできるでしょう。利息の再計算はネット上に無料ダウンロードで計算してくれるソフトウェアもありますのでそれを使います。その後に業者との交渉から和解が得られれば交渉は終了です。

ただし、法律の専門家であればすんなりいく事案であっても、素人の個人が交渉を行おうとしても相手にしてくれない場合もあります。交渉までの時間がかかったり、悪い条件での和解をさせられたりすることもあります。借金の返済で苦しんでいる状況の人は、あまりおすすめはしません。

法律事務所に依頼する方法

法律事務所に依頼する際は、どこの事務所に依頼するかを決めて弁護士や司法書士と面談して依頼をします。無料相談を行っているところもありますし、債務整理が得意な弁護士もいらっしゃいます。口コミなどの評判を参考にして選んでみるのも良いでしょう。

専門家に依頼しても、自分で行っても債務整理の流れ自体は変わりありません。取引履歴を入手してから利息の再計算を行い、その結果をもとにして業者と交渉していくのは同じです。ただ、専門家なのでこちらが有利になるように交渉を進めてくれることや、自分で何もしなくても良いのでその時間を別のことに有意義に使えます。

弁護士に依頼するメリット・デメリット

弁護士に依頼するメリット

専門家である弁護士に依頼する最大のメリットは、依頼をした時点ですぐに業者への連絡をするために、その後の借金の返済や取り立てが和解をするまでストップすることです。借金の返済のことを一時的にでも考えなくても良くなるのは、精神的な苦痛からの解放と生活改善にもなってそのメリットは計り知れません。交渉も自分で行わなくても良く、和解までの間全てをお任せできるのでその時間を有意義に使えます。

専門家であるがゆえに、こちらに有利な条件で和解できるようにしてくれます。自分で行った場合に比べて、不利になることはありません。債務整理を行った後に返済が滞ってしまう場合であっても、請求は専門家を通してでないと請求できないのです。和解後も委任関係を継続しておけば、再度任意整理が必要になっても安心していられるのです。

弁護士に依頼するデメリット

では、弁護士に依頼するときのデメリットはどこでしょうか。まずは、弁護士費用が発生するという点です。費用は弁護士によってまちまちなので、自分で話を聞いてから決める必要があります。相談は無料な場合もあるので、まずは無料相談をしてから全体の費用を聞いて決めるのが良いでしょう。弁護士に依頼するデメリットは、費用が発生すること以外にはありません。

自分で行うよりもはるかに効率よく債務整理ができますし、条件もよく和解できるので費用対効果を考えても依頼するほうがメリットは多いでしょう。弁護士費用を払ったら借金の返済がさらに苦しくなるようなことはありませんので安心して依頼したほうが良いでしょう。

債務整理を依頼する弁護士選びのポイント

問題を起こしていないか?を確認!

弁護士に債務整理を依頼したのに、全然解決しなかった!とか、途中で放棄された!などといったことはあってはならないことですが、悪意のある弁護士もいますので注意が必要です。高額な報酬を請求されたり、依頼を放置したりして弁護士会から懲戒を受けていないかをまずは確認しましょう。

懲戒されたかどうかの確認は、弁護士会の検索サイトで弁護士名を検索できるようになっています。ここに載っていなければ、問題を起こしていないので安心できます。

無料相談を利用!

無料相談を行っているかどうかで判断することもできます。無料相談に行って弁護士と実際に会うことで、その人柄をみることができます。自分と合わない弁護士を選ぶよりかは、納得して自分が任せられると判断できる人を選ぶべきです。

無料相談を行っていれば、それを利用しない手はありません。債務整理をしようと思う人はお金がなく苦しんでいるので、依頼者の心理をよくわかっている弁護士は初回は無料で行ってくれることも多いのです。

費用や報酬が明確?

弁護士費用は、高額になることもあります。今まで支払っていた金額よりも多くなることは本末転倒です。いざ依頼してみたら、法外な高額の報酬を求められても困りますから、最初に報酬や支払いについては明確にしてくれるかどうかも重要です。

口頭だけでなく、書面で報酬額を提示してくれたり、支払い方法を相談に乗ってくれたりするかどうかもポイントになります。味方であるはずの弁護士と揉めるのは最悪のケースです。料金で揉めないように、最初に報酬が明確であることは弁護士選びに重要なポイントになります。債務整理が得意かどうかを見分けるポイント!弁護士によっては、ブログや日記などをインターネット上に挙げている人もいます。

弁護士のホームページは、扱った案件などの情報がありますので事前にチェックしておくと良いでしょう。債務整理が得意かどうかは、その料金体系がしっかり載っていたり、実績が書かれていたりすることで分かります。債務整理の実績が細かく書かれているようであれば、実績が多いので相談してみてはいかがでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る