どこに依頼するか迷わない!愛媛で債務整理するときはここに頼もう

どこに依頼するか迷わない!愛媛で債務整理するときはここに頼もう

3710view

2018.07.05

自己破産を愛媛で行う場合は自分でも行える

自己破産は松山地方裁判所で自分でも行える

愛媛で債務整理を行う場合に、自分で行う方法もあります。債務整理には、個人再生や任意整理、自己破産などがありますが、自己破産は自分自身で手続きを行うことができます。自分自身で行えば、費用も安く済むでしょう。自己破産の手続きは愛媛県の場合、松山地方裁判所で行うことができます。松山地方裁判所は、愛媛県松山市一番町3-3-8にあります。破産係が窓口になりますので、間違いないようにしましょう。

自己破産を自分で行う方法

自己破産を自分で行うには、まず松山地方裁判所で破産申立書を入手します。破産申立書は約20ページあります。その後の手続きも詳しく紹介しましょう。

破産申立書を入手する

15分間ほどのビデオを松山地方裁判所の一室で観ることになります。ビデオの内容は債務整理の種類についてです。その後破産係に行くと、「破産の申し立てを考えている方へ」と「現在の自分の状態チェックシート」を渡され、記入して提出します。自己破産でよいか最終確認があった後に、破産申立書を渡され、記入の仕方を教わります。

自己破産に必要な書類

自己破産に必須な書類は住民票、源泉徴収票あるいは課税証明、預金通帳の全ページのコピーです。これらは必ず用意する必要があります。該当する場合は次の書類も必要となります。2か月分の給与明細、退職金見込額証明書、公的扶助受給証明書、土地や建物の不動産登記簿謄本などです。必要な書類はそれぞれ違いますので確認し1つ1つ揃えていきましょう。

自己破産申立を申請する

必要書類が揃ったら、松山地方裁判所の破産係に再び出向いて自己破産申立を申請します。窓口に提出すると、書類を調べる作業が行われます。約1時間かかるでしょう。不備があれば、係員に指摘されます。その場で訂正できれば、提出可能です。書類が足りない場合は、書類を揃えてから再び松山地方裁判所に行く必要があります。

自己破産受理票をコピーして債権者に郵送する

自己破産申立申請を行ったら、自己破産受理票を受け取ります。自己破産受理票を受け取ったら、債権者1件1件に自己破産受領票のコピーを郵送しましょう。この時点で取立は無くなります。

自己破産申請の尋問と免責決定

自己破産申立を行ったら、松山地方裁判所に審尋日を決められます。審尋日に松山地方裁判所に出向いてください。名前を呼ばれたら、裁判官から尋問されます。簡単に質問に答えたら免責決定となります。債権者から異議申立があれば、松山地方裁判所から連絡が来ますが、個人の借金の場合、異議申立が行われないのがほとんどです。

自己破産の手続きは面倒

自己破産の手続きは自分で行えますが、自分で行うと松山地方裁判所に何度も出向き、書類も自分で集めなければなりません。面倒に感じるなら、司法書士や弁護士に頼むのがよいです。自己破産を自分で行う場合に、取立が止まるまで時間もかかりますのでその点でも司法書士や弁護士に依頼した方がよいでしょう。

愛媛で債務整理を行うときには全国対応の司法書士や弁護士

愛媛で個人再生や任意整理を行うなら全国対応の司法書士や弁護士

愛媛で債務整理を行うなら全国対応の司法書士や弁護士に任せるのがよいでしょう。自己破産を自分で行う方法を紹介しましたが、自己破産は最終手段です。自己破産はデメリットがあり、個人再生や任意整理を考えて、そうしたものが行えない場合に行います。個人再生や任意整理の場合、自分で行うのは難しいです。

司法書士や弁護士に頼むことになりますが、愛媛県内の司法書士や弁護士に頼んだ場合、費用が高くつく可能性があります。弁護士への相談の相場は30分でだいたい5,000円です。愛媛県内の司法書士や弁護士に予約して相談に行った場合、こうした相談費用がかかることが考えられます。

しかし全国対応の司法書士や弁護士は、債務整理に特化した事務所もあります。債務整理は過払い金が発生している可能性があるため、過払い金を受け取った後に成功報酬を支払う仕組みになっているのです。無料相談やメール相談も行っていますので、気軽にまずは相談してみましょう。

さらに、全国対応の司法書士や弁護士は扱ってきた案件も多いです。実績が多いですので安心して任せることができます。365日24時間対応している事務所や代理返済をしてくれて債権者に接触せずに支払いができる事務所もあります。自分に合った全国対応している司法書士や弁護士を選びましょう。

おすすめの全国対応の司法書士や弁護士

弁護士法人 サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所は東京都中央区八丁堀に事務所がありますが、全国対応しています。しかも365日24時間対応しているのです。平日昼間は仕事で相談できないという人も安心です。相談料も初期費用も0円、その他にかかる費用は分割対応してくれます。

サンク総合法律事務所は、債務整理を依頼すると、介入通知書を債権者に送付し、取立は直ちにストップします。サンク総合法律事務所は毎月600件以上の債務整理に関する相談があり、100件以上の依頼を受けています。債務整理に関するノウハウを心得ているという点も安心してお任せできる点でしょう。

弁護士法人 東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は、東京に事務所がありますが、全国対応している法律事務所です。東京ロータス法律事務所は、1万件以上の相談実績があります。ですから非常に債務整理に関する実績が豊富です。
東京ロータス法律事務所は、相談料無料です。フリーダイヤルで相談でき、携帯電話からもフリーダイヤルにかけられます。

着手金も無料です。着手金がかかる司法書士や弁護士もいる中、これは大変うれしいポイントです。相談は土日祝日も行っています。相談の予約受付は7時~24時です。また、東京ロータス法律事務所は、代理返済を行ってくれます。代理返済で債務整理後に債権者に接触する必要はないのです。債権者と接触しないので精神的な負担を軽くできるでしょう。

そうや法律事務所

そうや法律事務所は、東京に事務所がありますが、全国対応している法律事務所です。24時間対応していて、土日も受け付けしています。そうや法律事務所は、債務整理に関する相談を数多く受けており、金融機関との交渉も得意です。

そうや法律事務所に債務整理をお願いすると、介入通知を行ってくれ取立は止まります。相談は何度行なっても無料です。費用は明朗会計で、相談時に納得するまで説明してくれるでしょう。費用は分割払いも可能です。手持ちのお金が無くても依頼できます。

街角法律相談所

街角法律相談所は、全国対応している司法書士や弁護士ではなく、全国の債務整理のプロから自分の案件にぴったりの司法書士や弁護士を3社選んでくれるのです。通常、債務整理を依頼する司法書士や弁護士を選ぶときは複数の事務所に行きます。司法書士や弁護士事務所では相談ごとに料金が発生するところもあります。依頼する前に労力もお金も消費してしまうのです。

しかし街角法律相談所は、無料シミュレーションで、債務整理にかかる費用、任意整理を行った場合にどれくらい支払い額が減るのかを教えてくれるのです。街角法律相談所に登録されている司法書士や弁護士事務所は、債務整理に関する経験豊富な事務所ばかりですので安心して利用できます。

愛媛での債務整理は全国対応している司法書士や弁護士がよい

愛媛で債務整理を行う方法を紹介しました。自己破産に関しては、松山地方裁判所に行って自分で行うことも可能です。しかし自己破産はデメリットが多く債務整理の最終手段です。債務整理は、個人再生や任意整理から考えるのがよいでしょう。

自己破産になる場合にも、書類を集めたり、裁判所に出向いたりする労力と時間がかかります。司法書士や弁護士に依頼した方がよいでしょう。個人再生や任意整理も、司法書士や弁護士に依頼しますが、愛媛の司法書士や弁護士よりも全国対応している司法書士や弁護士に依頼した方がよいです。

実績が豊富ですし、相談料や着手金が無料で安心して依頼できます。おすすめの全国対応している司法書士や弁護士事務所は、サンク総合法律事務所や東京ロータス法律事務所、そうや法律事務所です。これら3社を含めて自分にぴったりの司法書士や弁護士を探すなら、街角法律相談所を利用するとよいでしょう。街角法律相談所では自分の案件にぴったりの司法書士や弁護士を紹介してくれます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る