債務整理は親バレする?親バレしてしまうときのパターンとは

債務整理は親バレする?親バレしてしまうときのパターンとは

3015view

2018.07.05

債務整理では親バレすることは少ない

親バレしない債務整理はある

軽い気持ちで借りた借金がいつの間にか膨らんでしまい、返せそうになくなってしまう。親に相談することもできないし、債務整理をしたいけど親バレが怖いという悩みは多いです。しかし安心してください。親バレせずに債務整理する方法はあります。債務整理にはいくつか種類があり、それぞれ特性が異なります。どの債務整理をするかによって親バレするかどうかは変わってきます。

債務整理の種類

債務整理には主に以下の4つが存在します。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停
  • 自己破産

親バレするリスクは下に行くほど高くなります。それはなぜでしょうか。

<任意整理>

任意整理は弁護士や司法書士などに依頼して法的手続きをしながら借金を減額してもらう方法です。基本的には弁護士・司法書士が債務者(カードローン会社やクレジットカード会社など)と交渉して借金の減額を行っていきます。そのため、第三者として関わってくるのは弁護士のみとなり、親バレするリスクはかなり低いといえます。

<個人再生>

個人再生は借金の減額を裁判所に申し立てることで任意再生よりも多くの借金を減額することができる方法です。借金はおよそ5分の1にまで減額されるため多くの人が利用する債務整理の1つですが、裁判所が関わってくるのが問題になります。裁判所からの通知書が家族の目に入ってしまうことでバレる可能性があるのです。

<特定調停>

特定調停は債務者と債権者の間に裁判所が入って借金の減額を進める方法です。こちらも裁判所が関わってくるという点で個人再生と同じように親バレのリスクがあります。

<自己破産>

自己破産は債務のすべてを免責してもらう代わりに資産をすべて差し押さえられます。持ち家や車など資産価値のあるものはすべて失うことになりますので家族にバレる可能性は非常に高いです。

債務整理で親バレするパターン

個人再生で親バレ

個人再生は今後の返済計画を立てるために個人資産を裁判所に提出しなくてはいけません。このとき、家族と生計を同一にしている場合は親バレする可能性があります。親と生計を同一にしている場合、親子の収入が考慮されることになってしまうのです。そのため、親バレせずに個人再生を進めるのは困難になります。自分一人が世帯主であれば親の収入状況は考慮されないのでその心配はありません。

自己破産で親バレ

自己破産をすると資産価値があるものは任意売却、もしくは競売にかけられてしまいます。とくに、自分名義の持ち家に親と同居している場合、持ち家を処分することになってしまいますのでどうしてもバレます。また、車などの高額な資産も同様に処分対象となるので、急にいろいろなものを処分していると親に不審がられるのは避けられないでしょう。

官報に載っているのを見られる

このケースは非常にレアであるといえます。官報とは国が発行する機関誌ですが、これを日常的にチェックしている人は稀であり、一般人であれば目に触れる機会すらありません。ちなみに官報には個人再生の場合は3回、自己破産の場合は2回掲載されます。ただ、今は官報はネット検索することができるようになってしまっているため、まったく無いとは言い切れないところがあります。

弁護士とのやり取りでバレる

債務整理では弁護士とのやり取りがどうしても発生してしまいます。その際、電話が家にかかってしまって家族が出てしまうといったことでバレるケースがあります。

裁判所前で偶然見られる

債務整理の手続中はなんらかの理由で裁判所に出頭することがあります。その際にちょうど裁判所から出てきたところで家族とばったりというケースがあります。かなりの運の悪さですが可能性がゼロではありません。

ヤミ金業者からのDMが増えてバレる

個人再生や自己破産をすると官報に載ってしまいますが、ヤミ金業者はブラックリストに載った人を狙ってお金を貸そうとするため、官報に載るとDMを送ってきます。これまでは無かったのに急にヤミ金業者からのDMが増加すると家族に勘ぐられる可能性があるでしょう。届いたDMはすぐに破棄するように注意する必要があります。

債務整理が親バレしないようにするには?

配慮してくれる弁護士・司法書士を頼る

任意整理では基本的に注意するべき点は弁護士や司法書士とのやり取りだけとなります。連絡の際にはかならず自分の携帯電話にかけてもらうようにする。電話連絡はさけてメールだけのやり取りにする。また、連絡先の弁護士・司法書士の名前を架空の友人の名前にして登録するなどの対策を取ることができます。

書類を郵送する際には弁護士事務所が扱っている封筒ではなく、一般の茶封筒で送ってもらうなどの配慮もしてもらえます。また、弁護士や司法書士に相談する際に親にバレたくないという旨を伝えることで配慮してくれる事務所もあります。事前にしっかり親・家族にはバレたくないということを伝えましょう。

債務整理後にローンは組まない

債務整理後は5年~10年はローンを組むことができません。とくに注意したいのは自動車ローンや住宅ローンです。結婚して子供も産まれた。親と一緒に住もうなどという流れで家を建てるという話になると住宅ローンが組めないことで債務整理が発覚する可能性があります。自動車ローンも同様です。自分がブラックリストから削除されたかどうかを確認するには信用情報機関に問い合わせる必要があります。

確実にローンが組めることを確認するためにもローンを組む際にはブラックリストから名前が削除されているかを確認してからにしましょう。なお、信用情報機関は3つありますが、ブラックリストの情報は全信用情報機関で共有されていますので、どこかに問い合わせれば自分が載っているかは確認することができます。

裁判所からの通知書は確実に回収する

裁判所から家族に通知が来れば確実に理由を聞かれるでしょう。そのためには家族の目に触れる前に確実に回収する必要があります。主婦であればほとんど家にいることができるので回収は容易ですが、日中は働きに出ている場合が問題です。

一人暮らししている分には親バレの可能性は低い

1番は家族に相談すること

どうしても親には言い出しにくい、バレたくないという気持ちは分かります。しかし、債務整理をするに当たって家族の協力が必要なときもあるでしょう。自分ひとりで債務整理になるような状況を作ってしまったのは事実です。親に隠し通して債務整理ができれば良いですが、相談しなかった結果より悪い事態になってしまうということもありえます。

親に怒られるのを避けるために数百万円という損失を出すのか、親に素直に相談して協力してもらう方が良いのかは十分に考えたほうが良いでしょう。親はなんだかんだで子供の見方です。素直に打ち明ければ状況が好転する可能性のほうが高いでしょう。

債務整理は弁護士などの専門家に相談を

任意整理は自分の力だけでもできるので、弁護士費用を浮かせたいという理由で自分でやろうとすることも考えるかもしれません。しかし、債務整理は法的な知識が必要なだけでなく、書類作成などもすべて自分でやろうとするとかなりの労力を要します。また、債権者との交渉もあるため、付け焼き刃の知識では上手く言いくるめられてしまう可能性もあります。

まずは債務整理が必要かどうかも含めて弁護士に相談してみましょう。弁護士事務所によっては相談無料で受けてくれるところもあるので自分ひとりで悩むよりも専門家の知識を借りたほうが何倍も効率的です。また、親バレを気にするのであればなおのこと弁護士などの専門家に依頼したほうが確実です。ポイント以下のとおりです。

  • 裁判所を通して手続きを行うかによって郵送物の心配があります。裁判所を通さないのは任意整理です。
  • 親と生計を同一にしている場合、個人再生では親の収入を証明する必要があります。世帯が別であれば問題ありません。
  • 資産がある場合は自己破産すると親バレの可能性が高くなります。

弁護士を選ぶ際には債務整理を得意とする弁護士事務所を探すようにしましょう。なかには素人からお金を巻き上げようとする悪徳弁護士もいます。実績がたしかで評判の良い弁護士を探してしっかり生活の立て直しをしてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る