借金を分割払いにしてほしい……よく聞く「債務整理」って?

借金を分割払いにしてほしい……よく聞く「債務整理」って?

2549view

2018.07.05

借金を重ねて月々の返済がきつい……

いつの間にか膨れ上がった借金

「ちょっとだけのつもりだった。」「すぐ返すつもりだった。」「あまりにも簡単に借りられるので、自分のお金のように錯覚してしまった。」自覚がないうちに、あっという間に膨れ上がってしまった借金……。月々の返済が追い付かなくなると、金銭的にはもちろん、精神的にも辛くなります。こんなはずじゃなかった、と頭を抱えている方に、ぜひ、この記事を読んでいただけたらと思います。

破産は嫌だ、きちんと返したい!どうすれば?

「借金を返せなくなるということは、破産しなきゃいけないの?破産だけは絶対にしたくない!」そう考える人は、かなり多いようです。確かに、破産となると、氏名が官報に記載されてしまいますし、誰かにバレるという可能性があります。また、資格取得が制限されたり、ブラックリストに記載されて各種ローンが組めなくなったり、もちろんクレジットカードも作れなくなってしまったりと、社会的信用を失くしてしまうことになります。

なにより、自分が「破産者」になってしまうということに対し、「絶対にプライドが許さない!」という人もいるでしょう。破産者にはなりたくない、なんとかして借金を返済していきたい。そう考えて、今より楽な返済方法を借入先に直接相談しても、難色を示されたり、月々の支払額をさほど落としてくれなかったり……といったことは、よくある話です。

債務整理っていったいどういうもの?

無理のない範囲で借金を返す方法ってないの?

借金を返す意志はあるけど、生活していくのに無理のない額を月々返していきたい。でも、そんな方法があるのでしょうか。結論から言うと、あります。これからその方法について、ご紹介していきましょう。

債務整理ってよく聞くけど、何?

あなたは、「債務整理」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。債務整理とは、借入先と交渉し、今ある借金を減額してもらったり、支払期間を延長してもらったりすることを指します。債務整理をすることで、債務者(借金をした人)の負担は、ずいぶんと軽くなります。一般的に、債務整理は、弁護士および司法書士に依頼して、行うことができます。

弁護士と司法書士、どちらに頼めばいいの?

債務整理をしたい場合、弁護士と司法書士のどちらに頼めばいいのかと悩まれる方がいます。しかし、司法書士に頼みたくても、頼めない場合があります。借金の総額が140万円以上の場合、司法書士は債務整理の手続きをすることができません。弁護士は、手続きをすることが可能です。借金総額が140万円以下の場合は、司法書士にも、弁護士にも、債務整理を依頼することができます。

ただし、司法書士の場合、認定司法書士(民事に関する一部の案件を、弁護士と同等に請け負うことができる司法書士を指す。法務大臣により認定される)でなければ依頼を受けることができません。弁護士は可能です。まずは、借金総額がいくらか、そして後に述べますが、依頼費用がどれくらいかかるかということがポイントとなり、弁護士に頼むか、司法書士に頼むかを決めることになるでしょう。

債務整理にかかる費用ってどれくらい?

債務整理したいけど、費用が心配……

債務整理の手続きをすれば、借金を分割払いにできて、経済的にも精神的にもかなり救われるということが分かりました。次に気になるのは、「弁護士や司法書士に債務整理の手続きをする場合、いったいどれくらい費用がかかるのか」という点でしょう。一般的に、弁護士や司法書士に何かをお願いする場合は、それなりの額がかかるというイメージがあります。それでは、債務整理の手続きにかかる費用について、これからご紹介していきましょう。

弁護士や司法書士に支払う債務整理手続きの費用はどれくらい?

実は、債務整理の手続きを依頼するにあたり、弁護士や司法書士に支払う費用の相場は、決まっていません。債務整理の内容によって、費用は変わります。

弁護士に依頼する場合

弁護士に依頼する場合は、強制力はないものの、基準のようなものは定められているようです。「債務整理事件処理の規律を定める規定」が2011年2月に制定され、以降は基本的にこの規定にしたがう弁護士が多いとされています。借金の総額によって、および債務整理の種類によって、弁護士に支払う費用は変わってきます。

任意整理(弁護士や司法書士を通して借入先と直接交渉する方法)の場合、債権者1つあたり、着手金がおよそ2~5万円、それにプラスして、減額された借金の金額のおよそ10パーセントを成功報酬とすることが多いです。さらに、過払い金(返済しすぎていたお金)が発生した場合は、その額の20パーセントを支払うことが一般的です。

個人再生(弁護士や司法書士に依頼し、借入先への借金の減額などの交渉を裁判所を通して行う方法。個人資産を守れる)の場合、着手金は4~30万円前後、借金総額から減額された分の10~30パーセントが成功報酬となります。非常に簡易な内容の個人再生だった場合、およそ20万円ほどで手続きが完了することもあります。

司法書士に依頼する場合

司法書士に依頼する場合も、弁護士に依頼する際の費用と大きく変わるということはありませんが、借金総額が140万円以下の場合しか請け負えないため、若干低額になる傾向があります。

弁護士や司法書士に支払う費用を分割払いにしてもらえることも

基本的に、弁護士や司法書士に支払う費用は一括払いです。しかし、依頼者の現状によって、分割払いに応じてくれることもあるようです。弁護士や司法書士にお願いする際には、事前に、費用はどれくらいかかるか、分割払いに応じてもらえるかどうかについても、相談しておいたほうが良いでしょう。

実は債務整理は自分でもできる!

弁護士や司法書士に依頼すると、やはり数十万単位で費用がかかるということがお分かりいただけたかと思います。「今、お金がないから債務整理をしたいのに!」という心の叫びが聞こえてきますが、実は、債務整理は、弁護士や市司法書士に頼まなくても手続きすることができます。実は、自分で債務整理を行うこともできるのです。その場合、手続きの実費だけですみます。

しかし、結論から言えば、あまりおすすめすることはできません。なぜなら、弁護士や司法書士に依頼する場合と比べ、比較にならないくらい、いばらの道を進むことになってしまうパターンが多いからです。まず第一に、借入先である債権者に「自分で債務整理をしたい」とお願いしても、一蹴されることが圧倒的に多いでしょう。

「弁護士や司法書士などの専門家を通してください」と、事務的に断られてしまうことが非常に多いのです。また、元本、利息、支払回数などについて交渉を行うことになりますが、ここでも弁護士や司法書士の手続きと比べ、圧倒的に不利になります。やはり、債権者はあなたのことを「素人」としてみているため、足元を見られ、まともに交渉に応じようとしない可能性が大きいでしょう。

また、慣れないことが続く債務整理の手続きは、非常にストレスになりますし、解決に時間がかかってしまうことがあります。費用はかかっても、弁護士や司法書士に依頼したほうが、スムーズかつ好条件で債務整理を行うことができることが多いでしょう。

債務整理をして前向きな自分を取り戻そう

無理なく借金を返済しよう

債務整理について、大まかなことはお分かりいただけたかと思います。借金があるという状況は、人を荒ませるものです。返したいのに返せないというジレンマ、どうしてこうなってしまったのかという後悔……非常にストレスが溜まりますし、未来に希望が持てなくなってしまうこともあります。

自分ではもうどうしようもできないと感じたら、迷わず、弁護士や司法書士に相談しましょう。初回相談費用を無料としてくれている事務所もたくさんあります。債務整理をして、無理なく借金を返済し、前向きな人生を取り戻しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る